グアテマラの生活 / guatemalan life / BLOG & NEWS

毛糸だま 2016春号に執筆させていただきました。

毛糸だまiloitoo-1

現在全国の書店で発売中の、
毛糸だま 2016春号にilo itooの記事が掲載されています。

取材秘話を少し。

去年11月、
ilo itooグアテマラツアーを無事に終えてお客さんたちを見送った後、
サンティアゴ・アティトラン村のウィピルを取材に行ってきました。

IMG_5010

この村は、私たちが工房を持つ村、サン・フアン・ラ・ラグーナ村から
湖を渡りボートで約30分ほどのところにあります。

ilo itooとしては、去年から皆さんに使っていただいている、
刺繍アイテム(バッグやポーチetc)の刺繍をオーダーしているアナ一家が住む村でもあります。

嬉しいことに、毛糸だまへの執筆の機会をいただき、
インタビュー:タカザキ、撮影:オオクボ、通訳:ホセフィーナ という役回りで行ってきました。
(私たちは二人は現地のツトゥヒル語を話せないので、ホセフィーナにスペイン語⇄ツトゥヒル語の通訳をお願いしました)

IMG_5059

まずは、メインとなるインタビューのお相手アナ一家の元へ向かいました。

いつから刺繍始めたの?
はじめは誰から習ったの?
どうして鳥の刺繍ばかりしているの?
なんで村のみんな鳥刺繍の衣装ばかり着ているの?
洋服着たいとは思わない? etc….

グアテマラと関わって仕事をするようになって、4年目になりますが
改めて、日本の皆さんを代表して素朴な疑問たくさん投げかけました。

IMG_5385

IMG_5370

すると、出てくる出てくる面白い答え。

「そうか、そんな深い意味が・・・」 ってことや、
「それ、全然意味なくやってたの・・・?!」 と拍子抜けすることもあり、
彼女たちにインタビューしたことでクリアになったこともあれば、
さらに疑問も湧いてきて、私たちの取材欲は増すばかりでした。

IMG_5465

IMG_5496

そんな彼女たちの、奥深い手仕事の一部始終を聞いた後、
もっと情報を集めようと、
村の教会や市場、役所を訪ねました。

IMG_5605

すると運のいいことに、現在のグアテマラのセンターボス硬貨のモデルにもなった女性を紹介してもらい
インタビューしていると、その女性もまた73歳でまだ現役の刺繍の名手ということが分かり、
素晴らしい作品を見せてもらえました。

IMG_5579

IMG_5533

IMG_5539

また、どこにいるのかも何の情報もなかったのに、
この村の土着宗教とキリスト教が混ざり合って生まれた
”マシモン”と呼ばれる「どんな願いも叶えてくれる神様」にも出会うことができ、
ちょうど儀式をやっている時に入らせてもらいました。
これには私たちも本当にビックリ!!

雑誌には載らなかった貴重なカットをどうぞ!
IMG_5622

グアテマラは、用意周到に綿密な段取りを組むよりも、
ある程度ラフに構えている方が、ポロリと嬉しい出会いに恵まれます。
まさにその賜物だった、取材旅。
そしておそらく私たち二人、強運の持ち主なんだと思います。

IMG_3991

そんなこんなで、かなり内容の濃かった1泊2日の取材旅。

無事に終えて工房のあるサン・フアンに戻り、
タカザキはすぐさま執筆に入り、
オオクボは撮った写真のセレクトを始めました。

今このブログを読んで初めてilo itooやグアテマラを知った人には、
なんのことやら分からない内容もあったかと思いますが、
毛糸だま 2016春号には、P4にわたって、

グアテマラってどこ?
どんな国?
ウィピルって何?

ということから、
伝統手仕事である手刺繍のこと。
私たちilo itooのものづくり。
現地先住民との関わり方。

なども書いてます。
ぜひ書店の手芸コーナーを訪ねて、毛糸だまをお手にとっていただきたいな、
と思います。

毛糸だまiloitoo-2

毛糸だまiloitoo-3

毛糸だま 2016 春号 No.169
2016年2月5日発売 本体1,500円+税
http://www.tezukuritown.com/keitodama/
立ち読み、コチラ

オフショット。オオクボのお気に入り写真。

IMG_2806
インタビューが終わり、お昼ご飯中のお茶の間を覗くと
テレノベラと呼ばれるメロドラマを鑑賞中のアナ親子。

メキシコで製作されるテレノベラは、現代の人間関係や恋愛模様・三角関係などが複雑に絡まり
ドロ沼化する人間模様を描くドラマ番組で、やたらグアテマラ国内でも人気の大衆番組。

派手めなメイクで「現代の洋服」を着る「ラディーノ(白人と先住民の混血)」の恋愛模様を描く「スペイン語」のドラマを
「マヤの伝統衣装」を着た「ツトゥヒル語のみ」を話す「親子」がお茶の間で「マジマジ」と見ている様子が
なんとも言えず面白くて、パシャり。

さっきまで、
「私たちはここの村の衣装しか着ないの。」
「自分で作った衣装に誇りを持ってるのよ。」

なんて話していた、誇り高きマヤの末裔二人が
人種も言葉もファッションも生活スタイルも違うメロドラマを

「一体どんな気持ちで見てるんだろ??」

とグアテマラのマヤ不思議はますます募るばかりなのでした。

aya

サンティアゴの手刺繍のこと。

ana_y_aya_刺繍ロゴ

グアテマラからこんにちは。

今回は、北九州市小倉の
一生もんshop 緑々さんでの展示販売会でお披露目する
新作の刺繍のトートバッグについて。

刺繍をしているのは、サンティアゴ・アティトランの女性たち。
サン・フアン・ラ・ラグーナと同じくツトゥヒル族の町で、
そのウィピルには、鳥の刺繍がたくさんしてあることで有名です。

s.a.guipil

s.a.guipil2

日本でデザインを考えていて、
どうやって作り手を探そう、と思っていました。

グアテマラに到着して
頼れる相方Josefinaに刺繍のことを相談したその翌日。

いつものように工房でみんなと仕事をしていると
サンティアゴのお母さんが工房に来ていて、Josefinaと話してました。

聞くと、たまたまサンティアゴからサンフアンにウィピルを売りに来ていて、
家族で刺繍をしている、とのこと。

毎度ながら、そういうことには運や縁がある私。

話がスムーズに進み、さっそくサンプルを何個か頼むことに。
10月のことでした。

1週間後納品の日。
きちんと予定通りに来てくれました。
そして、なんと素晴らしい出来…!

彼女たちの仕事がとても気に入ったので、
それからというもの、毎週刺繍をオーダーしていて、
いつもかなり完成度の高い仕上がりで納品してくれます。

お母さんのAnaが営業さんで、(刺繍もします)
娘のFranciscaとYulisaが縫子さんです。

モチーフは、
様々な種類の鳥、鶏、国鳥ケツァールはなんのそので、
用意したイラストで色指示してもバッチリ仕上がってきます。

先日は、ilo itooのロゴもオーダー。

ana_刺繍ロゴ_会話中

一目一目、一文字一文字、丁寧に刺繍されていて、
手刺繍ならではのあたたかみと柔らかさがあって、
かなり満足の仕上がり。

今後展示会で活躍してくれる事間違いなしですね。

IMG_7876

ツトゥヒル語のみをしゃべる彼女とは、
Josefinaのスペイン語の通訳を介してやりとりしています。
最初は伝わってるのかなー?
と心配でしたが、
ステッチの手法から、色、糸の素材と積極的に細かく質問してきて、
彼女は指示をきちんと飲み込んで娘たちに伝えているようです。

ana_刺繍_cacatua

そんな新作アイテムの
刺繍トートバッグ。

あおあおさんでの展示会では、
一足早くみなさんにご覧いただけます!!

ぜひぜひ、写真だけでは分からない
手仕事の魅力を体感して欲しいです。

オーダー会で受け付けた商品は、
こちらグアテマラにて、
裁断・刺繍・縫製・検品まで、
全てメンバーみんなの手で丁寧に仕上げさせていただきます。

 

みなさんのお越しをお待ちしてます!

IMG_6491

刺繍帆布トート:¥6,264(税込)

——————————————————————————————–
グアテマラの色と糸店 at aoao 第三回 2015
日時:2015/1/31(sat)-2/1(sun) 10:30-18:30
場所:一生もんshop 緑々(あおあお)
〒802-0002 北九州市小倉北区京町4-4-17-1F
tel: 093-533-0533
mail: info@ao-ao.net
展示内容:巻きスカート布のトートバッグ、ビーズチャーム、ポーチ、帽子など
——————————————————————————————–

グアテマラの食べ物。

IMG_5976

グアテマラで今が旬の食べ物。
とうもろこしとお芋。
スペイン語でエローテとカモーテ。

日本ではグアテマラの有名な食べ物(飲み物)と言えばコーヒーですが、
グアテマラの人達に言わせるとグアテマラはトウモロコシの国。

ポポルヴーというマヤの神話には人はトウモロコシから作られたと書いてあるそうです。

日本のみなさんのイメージは、
『グアテマラはコーヒーが採れて、日本より赤道に近いから暑い所なんでしょ?』
というのがあるような気がしますが、
グアテマラのマヤ系先住民の人たちが住む西側の地域は火山帯に属すので標高が高く、
ilo itooの生産拠点があるサン・フアン・ラ・ラグーナの町も標高1,500m超です。

なので、一年中春か秋のような気候でとても過ごしやすい。

そして、お野菜なんかの収穫物もとても豊富です。

IMG_5973

ジャガイモにねぎ、トマト、インゲン、ラディッシュなどなど
日本に似ているというよりは
もともと中南米原産のものが日本に持ち込まれたという方が正しいかもしれません。

IMG_5974

それに加えて、山野草を食べる習慣もあります。
たいていはこんな風にスープにして、葉っぱから鉄分やビタミンを摂ります。
味はちょっと苦みがありますが、なれると美味しいです。

IMG_5975

他にもイチジクの葉っぱを煎じて飲んだり、
カモミールなどのハーブティーがあったり、
腹痛や風邪などの初期症状には自然の力で対処。

そして、季節によってマンゴーやパパイヤ、アボガド、コーヒーも美味しいし、
本当にグアテマラはいいところです。

あとは料理にバリエーションがありさえすれば。。。

定番はスープかフライドチキンか、焼いたお肉にサラダのローテーション。

離れてわかる日本の食の充実度。
望みすぎかもしれませんが、
ラーメンがグアテマラにあったらいいのになー。

IMG_5977

11月1日 死者の日

IMG_5834

1 de noviembre es “Dia de muerto” en Guatemala.

11月1日は死者の日でした。
死者の日は日本でいうお盆のようなもの。

IMG_5836

IMG_5835

朝からコロナと呼ばれるお花飾りを女性達が手づくりして
お墓へ行く準備を進めます。

この2人はホセフィーナのお姉さん達。

グアテマラの人たちはこういった飾りづくりもセンス抜群で
市場でお花を買ってきて自分たちで手づくりしてしまいます。

黄色いお花はマリーゴールド。

昔から強い香りで死者を清めるのに使われていたようで
flor de muerto(フロール・デ・ムエルト=死者の花)と呼ばれ、
死者の日には必ずこのお花が使われます。

IMG_5833

お花飾り完成。
お香とセットでお墓に持っていきます。

日本のお線香とお花みたいですね。

IMG_5831

ここがsementerio(セメンテリオ=墓地)の入口。
ひらひらの飾りがお祭り気分。

IMG_5830

グアテマラはお墓までカラフルでポップなので
日本のお墓のようにおどろおどろしいお化けが出るような雰囲気が全く感じられません。

夜だって子供から大人までみーんなでお墓へ向かいます。

IMG_5832

IMG_5829

お墓についたら、お墓を松の葉、お花、蝋燭で飾り付け、
お香を焚いてご先祖様を迎えます。

松の葉はグアテマラの冠婚葬祭に欠かせないもので
独特の香りが特別な日の雰囲気を醸し出します。

お父さんのお父さんはね・・・とか、
おじいちゃんのおじさんがねとか、
みんなで親戚の昔ばなしをしたり近況を語ったり、
時にはお墓の上に座り込んでひとしきりみんなで語り合う。

話題も尽きなければ時にはみんなで大笑いしたり、
一家の中で必ずおしゃべり好きはいるもので
とにかくみんなでゆっくり楽しい時間を過ごします。

そうしてひとしきりしゃべった後、
家路につき、薪のにおいで満ちた台所へ。

そこで椅子を持ち寄って火を囲み、甘くて温かい飲み物を飲む。
この幸せ。

忙しい毎日にほっと一休み。
気持ちを休めることが出来たとても素敵な一日でした。

IMG_5828

何よりも家族を大切にするグアテマラの人たちの大切な死者の日は
お祭りのごとく楽しげで、
夜遅くまで続くのでした。

グアテマラへの旅にでかけてみませんか。

こんにちは。
今日から梅雨入りという福岡。

今日はお誘いを貰ってちょこっとだけホタルを観にいって来ました。
ホタルは日本の風物詩、と思われている方も多いと思いますが、
グアテマラにもいるんですよ。

遠い国だけど、なんとなく日本と似ているグアテマラ。

そんなグアテマラの日本と似ているところ。
ではなく、
スタディーツアーの締め切りも間近に迫って来たので
グアテマラでしか感じていただけないツアーのおすすめポイントを
今日はいくつかご紹介したいと思います。

その1. マヤ系先住民のありのままの暮らし

R0015360

お連れするのは、ilo itooメンバーが住むサン・フアン・ラ・ラグーナ。
湖を望む、マヤ系先住民ツトゥヒル族の人たちが住む小さな町です。

代表のオオクボがilo itooのメンバーを探すならここしかないと
2012年に訪れたilo itoo始まりの地でもあります。
そんな運命の場所で、
そこに住む人たちとずっと繋がりを持ち続けている私達だからこそ
心を許して見せてくれるありのままの生活。

ゆっくりした時の中、家族と共に暮らし、
豊な自然と最低限のものに囲まれて生活する。

そんな暮らし中でilo itoo商品が生まれているんだというのを
肌で感じていただけると思います。

その2. メンバーの生の声

IMG_1600

サン・フアン・ラ・ラグーナでは直接ilo itooのメンバーたちに
仕事の話はもちろん、
将来の夢や日本の人たちに伝えたい事などを聞いてもらえます。

普通の旅ではそこまで聞けない深い話まで
みなさんと一緒に出来るといいなと思っています。

もし聞きたいことがあったらメモしておいてください。

中には話すのが苦手なメンバーも居たり、
話が途中で脱線したりもしますが、
笑いの絶えない楽しいひと時になると思います。

メンバーは本当にそれぞれ個性が強いので、
是非みなさんにしっかりご紹介したいとも思っています。

その3. 民族衣装

R0015769

スケジュールの中で訪問予定の町全て、それぞれに異なる民族衣装があります。
また移動中、
通り過ぎる町やバス停などでさらに多様な民族衣装を目にしていただけます。

その色彩たるや、まさに虹の国グアテマラ。

特におじいちゃん、おばあちゃんは着古されたアンティーク民族衣装を着ていたり、
オシャレ度がかなり高いので見逃せません。

その4. 美味しいコーヒー

R0019227

旅の途中で美味しいコーヒーが飲める
ilo itooおススメのコーヒー屋さんにお連れします。
ここではお土産用に豆を購入することも出来ます。

店主さんは日本をヒッチハイクで移動した経験を持つ強者です。
もしかしたら、彼を見かけたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

と、いくつかご紹介しましたが、
どれだけ写真を駆使しても、
どれだけ言葉を重ねても、本当のことは行ってみないとわからない。

そして、人それぞれに感じることも違うのだと思います。

きっと私たちの気づかなかったグアテマラの見方もあるはず。

ツアーの申込締切は2014年6月13日(金)。

日本とは違う、アジアとも違う、中米の国グアテマラ。
グアテマラの魅力を感じる旅に出かけてみませんか?

[Guatemala study tour]
日程:2014年7月15日(火)-24日(木) 詳細は以下スケジュール表参照
申し込み締め切り:6月13日(金)

出発地:東京・成田
旅行代金:473,000円(空港諸税、燃油サーチャージ含む)
お一人様部屋追加代金:32,000円
利用予定航空会社:ユナイテッド航空
利用ホテル:グアテマラシティ市内、パナハッチェル市内、サン・ペドロ・ラ・ラグーナ市内の三ツ星ホテル
最少催行人員:8名
協力:ilo itoo、一般社団法人 協力隊を育てる会
旅行企画・実施:株式会社ブラジル旅行社
同行者:高崎真理子(ilo itoo)

iloitoo_tour_chirashi裏

キリストの復活祭 セマナ・サンタ

IMG_3160

3月の終わりから4月の半ば、
毎年日程は変わるのですがこの時期といえばセマナ・サンタ。
キリスト教最大のお祭りの一つ復活祭の季節です。

イースターというと聞いたことがある方も多いかと思います。
国民の約7割がキリスト教徒のグアテマラでも
この一週間をセマナ・サンタと呼んでみんなでキリストの復活祭を祝います。

どんなお祭りかというと、
キリストがローマ軍に捕えられ十字架にかけられてから
復活するまでの姿を再現した山車が街中を練り歩くプロセシオンと
その山車が通る道筋に
おがくずや花びらなどを使って作られる絵画のような絨毯アルフォンブラが街を彩ります。

IMG_3142

IMG_3360

グアテマラのプロセシオンとアルフォンブラは一見の価値あり。
特に世界遺産の街アンティグアのそれは世界中から観光客が訪れるほど有名です。

プロセシオンでもくもくと焚かれるお香と
十字架を背負うキリスト、
悲しみに暮れるマリア様、
悲しみの音楽を奏でるオーケストラ。

IMG_3163

IMG_3165

復活の日まではキリストが処刑されてしまうという悲しみに
とても厳かな雰囲気でお祭りが進行しますが、
復活の日は爆竹があちこちで鳴らされ、明るい音楽が鳴り響きます。

IMG_3278

この悲しみの中にも色を添えるアルフォンブラは
プロセシオンが通るとあっという間に形をなくしてしまう運命にあるのですが、
グアテマラの民族衣装を思わせるようなカラフルな色づかいのものや
野菜やフルーツを使ったものなど
毎年趣向を凝らしたものが周辺に住む人たちの手で数時間かけて作られます。

IMG_3203

今年は丁度今週がセマナ・サンタ。
今頃グアテマラのみんなは家族と一緒に教会に行ったりして時間を過ごしている事でしょう。

マヤの遺跡だったり、アティトラン湖だったり
観光資源がたくさんのグアテマラの中でもおすすめのお祭りセマナ・サンタ。
もし、グアテマラに行くことがあれば、是非このセマナ・サンタ見て欲しいなと思います。

観光客が多い時期はスリが多いので気を付けて。

IMG_3122

グアテマラの内戦のこと

こんにちは。
今日はグアテマラについて。

先日、グアテマラから来日していたマヤ系先住民女性のアリシアさんの講演会を
2人で聞きに行ったのでそれについて書こうと思います。

普段お伝えしている 陽気で明るく、のんびり、楽しいグアテマラの人たちの別の一面。
内容が重く、私たちも正しく理解出来ているとは言えないのでうまく書けるかわかりませんが
グアテマラでそんな事実があったんだということを知って貰えたらと思います。

 

講演会のタイトルは 『沈黙を破って』
副題 ~グアテマラ戦時下性暴力スピーキングツアー2012~

内容はグアテマラで1960年から1996年まで続いていた内戦時の性暴力について。
生き残った被害者たちの心のケアを進める中で語られ始めた真実と
その活動の軌跡、現状をアリシアさんが語ってくれました。

グアテマラで内戦が始まる原因となったのは1954年。
当時の大統領が進めていた農地改革がグアテマラに広大な土地を持っていた
アメリカの大企業の利害と一致しなかったことに始まります。
そこでアメリカがグアテマラの政治に介入。
当時の政府を共産主義の手先だとして反対派を支持、支援することによってクーデターが起き軍事政権が発足します。

これに対して、軍事政権に対抗する改革派が中心となった反政府ゲリラが組織され、
グアテマラは 軍事政権 VS 反政府ゲリラ という内戦状態へと突入します。

一方、同時期、この反政府ゲリラとは別に
農村部で土地改革や生活改善を求めて先住民たちを中心とした民衆組織が立ち上げられていました。
そして、悲劇はこの何の罪もない一般の人たちの上に起こります。

IMG_2053

政府はこの反政府ゲリラとは関係のない農民たちの組織までもゲリラとみなし、
1970年代末から1980年代にかけて全く罪のない人たち、
特に先住民たちを標的に聞くに堪えない残虐な行為を繰り返します。
その犠牲者は20万人を超え、訳もなく村全体がゲリラ集団だと決めつけられ消されてしまった人たちもいます。

内戦や先住民への弾圧に関する詳しい内容は、
今回の講演会で通訳をされいていた新川志保子さんも翻訳者の一人となっている、
『グアテマラ虐殺の記憶:真実と和解を求めて』 や
1992年にノーベル平和賞を受賞したグアテマラ人、リゴベルタ・メンチュウの証言による
『私の名前はリゴベルタ・メンチュウ』
を読んでみて下さい。

IMG_0022 (2)

東京、北海道、京都、広島と各地を講演されて最後の地だった福岡。
重い内容とハードなスケジュール、言葉が全く通じないストレスなどなどでとーっても疲れていたアリシアさん。
でも、こんな機会は二度とないと思うからと、気力で講演をされていました。

私たちは、講演会後の夕食会に飛び入りで参加させて貰ったのですが、
アリシアさんは講演会での雰囲気とは打って変わって
写真を撮ったり、耳に入る日本語を真似してみんなを笑わせてみたり
とーってもチャーミングな一面を見せてくれました。

辛い現実の中でも、ずっとその辛さを中心に生きるのではなく
目の前の楽しみに素直に、出来るだけ明るく生きる。
そんなグアテマラの人の強さともいえる明るさに私たちがグアテマラに惹かれる理由を見たような気がしました。

ページの先頭へ戻る