Media

毛糸だま 2016春号に執筆させていただきました。

ILOITOO
ILOITOO

グアテマラの手織物と刺繍のレディースファッションブランド、ILOITOO(イロイト)です。イベントや新商品についての情報など発信していきます。

毛糸だまiloitoo-1

現在全国の書店で発売中の、
毛糸だま 2016春号にilo itooの記事が掲載されています。

取材秘話を少し。

去年11月、
ilo itooグアテマラツアーを無事に終えてお客さんたちを見送った後、
サンティアゴ・アティトラン村のウィピルを取材に行ってきました。

IMG_5010

この村は、私たちが工房を持つ村、サン・フアン・ラ・ラグーナ村から
湖を渡りボートで約30分ほどのところにあります。

ilo itooとしては、去年から皆さんに使っていただいている、
刺繍アイテム(バッグやポーチetc)の刺繍をオーダーしているアナ一家が住む村でもあります。

嬉しいことに、毛糸だまへの執筆の機会をいただき、
インタビュー:タカザキ、撮影:オオクボ、通訳:ホセフィーナ という役回りで行ってきました。
(私たちは二人は現地のツトゥヒル語を話せないので、ホセフィーナにスペイン語⇄ツトゥヒル語の通訳をお願いしました)

IMG_5059

まずは、メインとなるインタビューのお相手アナ一家の元へ向かいました。

いつから刺繍始めたの?
はじめは誰から習ったの?
どうして鳥の刺繍ばかりしているの?
なんで村のみんな鳥刺繍の衣装ばかり着ているの?
洋服着たいとは思わない? etc….

グアテマラと関わって仕事をするようになって、4年目になりますが
改めて、日本の皆さんを代表して素朴な疑問たくさん投げかけました。

IMG_5385

IMG_5370

すると、出てくる出てくる面白い答え。

「そうか、そんな深い意味が・・・」 ってことや、
「それ、全然意味なくやってたの・・・?!」 と拍子抜けすることもあり、
彼女たちにインタビューしたことでクリアになったこともあれば、
さらに疑問も湧いてきて、私たちの取材欲は増すばかりでした。

IMG_5465

IMG_5496

そんな彼女たちの、奥深い手仕事の一部始終を聞いた後、
もっと情報を集めようと、
村の教会や市場、役所を訪ねました。

IMG_5605

すると運のいいことに、現在のグアテマラのセンターボス硬貨のモデルにもなった女性を紹介してもらい
インタビューしていると、その女性もまた73歳でまだ現役の刺繍の名手ということが分かり、
素晴らしい作品を見せてもらえました。

IMG_5579

IMG_5533

IMG_5539

また、どこにいるのかも何の情報もなかったのに、
この村の土着宗教とキリスト教が混ざり合って生まれた
”マシモン”と呼ばれる「どんな願いも叶えてくれる神様」にも出会うことができ、
ちょうど儀式をやっている時に入らせてもらいました。
これには私たちも本当にビックリ!!

雑誌には載らなかった貴重なカットをどうぞ!
IMG_5622

グアテマラは、用意周到に綿密な段取りを組むよりも、
ある程度ラフに構えている方が、ポロリと嬉しい出会いに恵まれます。
まさにその賜物だった、取材旅。
そしておそらく私たち二人、強運の持ち主なんだと思います。

IMG_3991

そんなこんなで、かなり内容の濃かった1泊2日の取材旅。

無事に終えて工房のあるサン・フアンに戻り、
タカザキはすぐさま執筆に入り、
オオクボは撮った写真のセレクトを始めました。

今このブログを読んで初めてilo itooやグアテマラを知った人には、
なんのことやら分からない内容もあったかと思いますが、
毛糸だま 2016春号には、P4にわたって、

グアテマラってどこ?
どんな国?
ウィピルって何?

ということから、
伝統手仕事である手刺繍のこと。
私たちilo itooのものづくり。
現地先住民との関わり方。

なども書いてます。
ぜひ書店の手芸コーナーを訪ねて、毛糸だまをお手にとっていただきたいな、
と思います。

毛糸だまiloitoo-2

毛糸だまiloitoo-3

毛糸だま 2016 春号 No.169
2016年2月5日発売 本体1,500円+税
http://www.tezukuritown.com/keitodama/
立ち読み、コチラ

オフショット。オオクボのお気に入り写真。

IMG_2806
インタビューが終わり、お昼ご飯中のお茶の間を覗くと
テレノベラと呼ばれるメロドラマを鑑賞中のアナ親子。

メキシコで製作されるテレノベラは、現代の人間関係や恋愛模様・三角関係などが複雑に絡まり
ドロ沼化する人間模様を描くドラマ番組で、やたらグアテマラ国内でも人気の大衆番組。

派手めなメイクで「現代の洋服」を着る「ラディーノ(白人と先住民の混血)」の恋愛模様を描く「スペイン語」のドラマを
「マヤの伝統衣装」を着た「ツトゥヒル語のみ」を話す「親子」がお茶の間で「マジマジ」と見ている様子が
なんとも言えず面白くて、パシャり。

さっきまで、
「私たちはここの村の衣装しか着ないの。」
「自分で作った衣装に誇りを持ってるのよ。」

なんて話していた、誇り高きマヤの末裔二人が
人種も言葉もファッションも生活スタイルも違うメロドラマを

「一体どんな気持ちで見てるんだろ??」

とグアテマラのマヤ不思議はますます募るばかりなのでした。

aya